FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ヽ`∀´>は焚火をするようです

没ネタ祭り投下作品。自分の中でダイオードとニダーほのぼの要員なイメージ


3 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:27:11.42 ID:Y8t5PAdxO
ここは小さな町から離れた森の中。

そこには一人の男が暮らしていました。

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>←焚火中


4 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:29:50.17 ID:Y8t5PAdxO
森では色々な人が迷ってしまいます。

(;・∀・)「貴族の私が道に迷うだとっ!」

<ヽ`∀´>パチパチ

(;・∀・)「君!道を知らないか?」

<ヽ`∀´>「あっちに行くと町ニダね」

( ・∀・)「ありがとう!」

6 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:32:04.63 ID:Y8t5PAdxO
('、`;*川「どこに行けばハワイがあるの」

<ヽ`∀´>「あっちニダ」

('、`*川「ありがとう!」

「グアムは!?」

<ヽ`∀´>「あっちニダ」

「神奈川は!?」

<ヽ`∀´>「あっちニダね…」

終始こんな感じでした。

7 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:33:06.09 ID:Y8t5PAdxO





<ヽ`∀´>は焚火をするようです






8 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:34:03.37 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「今日も焚火ニダ」

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>暇ニダ

9 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:35:05.94 ID:Y8t5PAdxO





そのいち






10 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:35:50.92 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>「栗を焼くニダー

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ×∀×>パチン!

<ヽ×∀×>「栗が目に当たったニダー」

11 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:37:18.52 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ;∀;>「痛かったニダ」

<ヽ`∀⊂>ゴシゴシ

<ヽ`∀´>「ふぅ」

<ヽ`∀´>

<ヽ`∀´>「栗を焼くニダー♪」

<ヽ`∀´>←既に忘れてる

14 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:39:34.31 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ×∀×>パチン!

<ヽ×∀×>「ニダー」

<ヽ×∀×>パチン!

<ヽ×∀×>「ニダー」

以下略

<ヽ;∀;>←結局ちょっとしか食べてない

<ヽ`∀´>もういいニダ

<ヽ`∀´>・・・

<ヽ`∀´>寝るニダ

16 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:41:00.81 ID:Y8t5PAdxO
( ><)

( ><)「わかんないんです!わかんないんです!」

( ><)「道に迷って帰れないんです!」

( ><)

( ><)ポツン

;( ><);

18 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:43:42.99 ID:Y8t5PAdxO
;( ><);

(;><)「ど…どうしましょう…」

(;><)ウロウロ ウロウロ

(;><)ウロウロ ウロウロ

<ヽ-∀->Zzz Zzz

(;><)「うわぁ」 コケッ

<ヽ゜∀゜>「ニダッ!」


20 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:45:22.05 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ;`∀´>「何事ニダ!」

(;><)「あわわわわ」

<ヽ`∀´>「なんだ子供かニダ」

(;><)「あわわわわ」

<ヽ`∀´>「どうしたニダ」

(;><)「あわわわわ」

<ヽ;`∀´>「おーい」

23 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:46:32.53 ID:Y8t5PAdxO
一時間経過

(;><)「あわわわわ」

<ヽ`∀´>「……」

二時間経過

(;><)「あわわわわ」

<ヽ;`∀´>

三時間経過

(;><)あ<ヽ`∀´>「ストップニダ」

26 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:48:31.67 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「まあ栗でも食べて落ち着くニダ」

( ><)「はいなんです」

<ヽ`∀´>←栗投入

<ヽ×∀×>パチン

( ××)パチン

<ヽ`∀´>「油断したニダ」

( ><)「恐ろしいんです」

27 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:50:01.00 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「しかし夜にうろつくのは危ないニダよ」

( ><)「道に迷ったんです!」

<ヽ`∀´>「しょうがないニダね」

<ヽ`∀´>「今日は遅いから明日の朝帰るニダ。道を教えてあげるニダ。」

( ><)「はいなんです!」

31 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:51:43.72 ID:Y8t5PAdxO
翌朝

森のはずれ

<ヽ`∀´>「この道を真っ直ぐで町ニダ」

( ><)「ありがとうございますなんです!」

<ヽ`∀´>「ちょっとウリはここで戻るけど」

<ヽ`∀´>「次からは気を付けるニダ」

( ><)「はいなんです!」

<ヽ`∀´>「バイバイニダ」

( ><)「…ニダーさん、お願いがあるんです。」

32 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:54:12.11 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「?」

( ><)「その、実は僕引っ越して来たばかりで友達がいなくて…」

( ><)「よかったらたまに遊んでほしいんです!」

(:><)「どうでしょうか…


33 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:55:33.68 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「いいニダ」

( ><)「本当ですか!」

<ヽ`∀´>「ウリはいつでもあそこにいるニダ」

<ヽ`∀´>「気楽に遊びに来るといいニダ」

(*><)「ありがとうございますなんです!」

34 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:56:20.82 ID:Y8t5PAdxO





友達ができたニダ






35 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:57:01.79 ID:Y8t5PAdxO





そのに






37 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 22:59:52.46 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「今日も今日とて焚火ニダー」

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

38 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:01:37.31 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「お腹すいたニダー」

彼は朝食を取ることにしました。

<ヽ`∀´>「今日はウニでも食べるニダー」

<ヽ`∀´>「ウニ投入!ニダ」

<ヽ`∀´>「エイヤッニダ」

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ×∀×>パチン

<ヽ×∀×>「ウニが飛んで来たニダー」

40 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:02:38.56 ID:Y8t5PAdxO
そんな彼のところにも遊びに来る人がいます。

( ><)「ニダーさんこんにちはなんです!」

<ヽ`∀´>「いらっしゃいニダ」

ビロードはニダーと友達になってからちょくちょく遊びに来るようになりました。

43 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:05:15.26 ID:Y8t5PAdxO
年齢は一回りも二回りも違う彼らですがとても仲良しでした。

<ヽ`∀´>「また栗でも食べるニダ」

( ><)「美味しそうなんです!」

<ヽ`∀´>パチパチ

( ><)パチパチ

<ヽ×∀×>パチン

( ××)パチン

<ヽ×∀×>「目がー」

( ××)「目がー」

全く学習していませんでした。

44 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:07:05.81 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>パチパチ

( ><)パチパチ

<ヽ`∀´>「学校で友達は出来たニダか?」

( ><)「出来たんです!」

<ヽ`∀´>「よかったニダー」

( ;><)「ただ…」

<ヽ`∀´>「どうしたニダ?」

( ;><)「勉強が…その…」

46 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:08:22.14 ID:Y8t5PAdxO
( ;><)「赤点だらけで…」

<ヽ´Д`> 「……」

<ヽ´Д`>「ビロード…」

( ;><)「なっなんですか!」

<ヽ´Д`>「アホだったんニダね」

( ;><)「ひ、ひどいんです!」

48 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:11:15.65 ID:Y8t5PAdxO
そんな事もありビロードの勉強をニダーが教えたりもしました
ニダーもあまり勉強は出来ませんでしたがビロードよりはできました。

<ヽ`∀´>「こうしてここはこうなるニダ」

( ;><)「??」

<ヽ;`∀´>「えーっとここをこうするニダ」

( ;><)「???!?!?」
<ヽ´Д`>

50 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:13:05.53 ID:Y8t5PAdxO
そうして数年たったある日の事です

ビロードが神妙な顔でニダーを訪ねてきました。

( ><)「ニダーさん」

<ヽ`∀´>「どうしたニダ?」
( ><)「僕…」

( ><)「遠くの町に引っ越しする事になったんです…」

<ヽ`∀´>「……」

51 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:15:43.41 ID:Y8t5PAdxO
悲しいことです

しかしニダーも子供ではありません

<ヽ`∀´>「ビロード」

( ><)「はい」

<ヽ`∀´>「握手ニダ」

<ヽ`∀´>「そして約束ニダ」

( ><)「約束?」

<ヽ`∀´>「またいつか会うニダ」

( ><)「……」

( ><)「はい!」

52 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:19:04.50 ID:Y8t5PAdxO
ここは町はずれの森の中

男は焚火を続けるのです

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ;∀´>パチパチ

<ヽ;∀;>パチパチ

<ヽ;∀;>パチパチ


55 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:20:38.53 ID:Y8t5PAdxO


大人ぶってもさみしい物はさみしいニダ


そのに、おわり



56 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:21:22.40 ID:Y8t5PAdxO





そのさん






58 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:22:59.81 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

数年が経ちました

男は焚火をしています

60 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:28:36.04 ID:Y8t5PAdxO
/ ゚、。 /「・・・」

/ ゚、。 /フラフラ

/ 、。 /フラフラ

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>「ニダ?」

61 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:30:39.72 ID:Y8t5PAdxO
/ 、 /クラッ バタン

<ヽ;`∀´>「ちょっ!」

<ヽ;`∀´>「大丈夫ニダか!?」

/ 、。 /「み、水を…」

/ ゚、。 /「あと…食べ物」

/ ゚、。 /「ついでにデザートなんかもあれば…」

<ヽ;`∀´>「贅沢ニダ…」

62 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:33:02.38 ID:Y8t5PAdxO
/ 、。 /パクパク

<ヽ;`∀´>「……」

/ ゚、。 /パクパク

<ヽ;`∀´>「……」

/*゚、。 /パクパク

<ヽ;`∀´>(ウリの当分の食料全部食いやがったニダ)

64 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:35:17.99 ID:Y8t5PAdxO
話を聞くと彼女は馬車を使い人を遠い町まで運ぶ仕事をしていたそうです。

/ ゚、。 /「ハイヨー!」

(馬*^ω^)「ヒヒーン!ブヒヒーン!」

/ ゚、。 /「いいぞ!この調子だ!」

(馬*^ω^)「ブーヒヒー!」

(馬*^ω^)「ヒヒーン?」


ξ馬゚⊿゚)ξ

65 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:37:02.44 ID:Y8t5PAdxO
(馬^ω^)「……」

(馬^ω^)(可愛いメスの馬だお)

(馬^ω^)/ ゚、。 /

ξ馬゚⊿゚)ξ(^ω^馬)

(馬^ω^)「……」

/ ゚、。 /「どうした?」

(馬^ω^)ケリッ

/;゚、。 /「ひやあぁぁ!」

66 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:40:18.71 ID:Y8t5PAdxO
そんなわけで彼女は泣く泣く歩いて帰る事になったのでした。

/ ;、。 /「もう道に迷って迷って…」

<ヽ;`∀´>「大変だったニダね…」

/ ゚、。 /「お礼と言ってはなんだが何処かに行きたい時は無料でのせよう」

<ヽ`∀´>「……」

/ ;、。 /「次は逃げられないようにするもの…」

69 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:43:34.05 ID:Y8t5PAdxO
/;゚、。 /「ま、まぁ近くによったら何かお土産とかも持ってきてあげよう」

<ヽ`∀´>「それは嬉しいニダ!」

/ ゚、。 /「そうだろう、そうだろう」

<ヽ;`∀´>「ただ馬が……」


/ ;、。 /「うるさい…」

71 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:45:09.61 ID:Y8t5PAdxO
ヒヒーン!

/ ゚、。 /「ん?」

(馬;ω;)「ブヒーン」

<ヽ;`∀´>「……」

/ ゚、。 /「私の馬だ…」

(馬;ω;)「ブヒーン(フラレたお!チクショウ!)」

/ ゚、。 /「なんかいい気分だ」

<ヽ`∀´>「確かに何となくいい気分ニダ」

/ ゚、。 /「ざまぁwww」

(馬;ω;)「ブヒーン」

73 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:47:39.49 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「馬が見つかってよかったニダ」

/ ゚、。 /「ああ!それじゃあ私は帰るよ」

<ヽ`∀´>「ニダニダ」

/ ゚、。 /「じゃあまたいつか」

<ヽ`∀´>ノシ

パカラッパカラッ

<ヽ`∀´>「……」

<ヽ`∀´>「…あれ豚じゃね?」


74 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:49:01.49 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「まぁ…人と話すのは久しぶりニダ」

<ヽ`∀´>「……」

<ヽ`∀´>「寝るニダ」

ヒヒーン!

<ヽ`∀´>「ニダ?」

/; ゚、。 /「どっちに行けば町にいけるんだ?」

<ヽ;`∀´>「……」


75 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:49:52.27 ID:Y8t5PAdxO


きっとその仕事むいてないニダ

そのさん、おわり



77 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:51:44.70 ID:Y8t5PAdxO




そのよん





78 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:53:57.63 ID:Y8t5PAdxO
ある日ニダーの下に二人の郵便屋がやってきました

(;´_ゝ`)「疲れた…ああ疲れた」

(´<_` )「町の外れまで歩いただけで…」

(#´_ゝ`)「うるさい!俺は病弱なんだよ!」

(´<_` )「覗きの逃げ足は早いのにな」

( ´_ゝ`)「あれは別。世界が俺を応援しているからな、あれは。」

(´<_` )「世界って…」

( ´_ゝ`)「そうだ世界がこの素晴らしい俺を祝福している」

(´<_` )「世界って…」


79 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:55:57.52 ID:Y8t5PAdxO
<ヽ`∀´>「……」

( ´_ゝ`)「いや覗きは凄いんだぞ。あれほどクリエイティブな能力を必要とする競技はないね」

(´<_` )「いや競技じゃないし」

( ´_ゝ`)「母者に見つかったらと思うとスリルで死にそうになるね」

(´<_` )「……」

( ´_ゝ`)

81 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/07(土) 23:58:20.35 ID:Y8t5PAdxO
(´<_` )「……母者を覗いてるのか?」

( ´_ゝ`)「ああ…あの命のかかったスリルはやめられねえよ…」

(´<_` )「流石すぎてついてけねぇよ…」

( ´_ゝ`)「成功しても失敗しても地獄だからな…」

<ヽ`∀´>「……」

82 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:01:15.78 ID:Y8t5PAdxO
( ´_ゝ`)「いや最初は姉者とか妹者も覗いたぞ。安心しろ」

(´<_` )「何も安心できねぇ…むしろ通報した…」

( ´_ゝ`)「流石に男は覗くのを断念したがな…」

(´<_` )「覗くつもりだったのか…」

( ´_ゝ`)「伝説を作りたくて…」

(´<_` )「何の伝説だよ…」

<ヽ;`∀´>「……」


84 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:03:30.36 ID:Be20XmqyO
( ´_ゝ`)「その過程でこんなのを作った」

( ´_ゝ`)
つカメラと

(´<_` )「なんだそれ」

( ´_ゝ`)「これに写すと絵になる」

(´<_` )バキッ

(;´_ゝ`)「お前っ!俺の発明をっ!」

(´<_` )「こんな歪な発明は抹消しろ…」

<ヽ;`∀´>「……(こいつらなにものニダ)」


85 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:05:54.72 ID:tlEIGmwsO
( ;_ゝ;)「お前っ!これは本当に凄かったんだぞ!」

(´<_` )「ダメだ兄者にこれは危険すぎる…」

( ;_ゝ;)「鬼畜っ!弟者のくせにっ!」


(゚<_`#)「あ?」


( ;_ゝ;)「すみません全面的に間違ってました。歪な発明です。人様を困らせてすみません。
仕事をサボって覗きまくってすみません。1日50回も覗きしてすみません。
本当にすみません。もうなんか生まれてきてすみません。」

<ヽ;`∀´>「あの…」

86 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:07:13.00 ID:Y8t5PAdxO
(  _ゝ )「ごめんなさいごめんなさい隣の家の奥さんの下着とったのは俺です。
      近所によくでる露出狂も俺です。
      図書館の全ての辞典のイヤらしい言葉に丸つけたのも俺です。
      ウォーリーと間違い探しの答えに丸をつけたのも俺です」

(´<_`#)

<ヽ;`∀´>「あの…」

(  _ゝ )「ブツブツブツブツ」


89 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:10:13.24 ID:tlEIGmwsO
(´<_` )「ん?」

<ヽ;`∀´>「……」

(  _ゝ )「ブツブツブツブツ」

<ヽ;`∀´>「……」

Σ(´<_`;)

(´<_`;)「ええと、すみませんニダーさんですか?」

<ヽ;`∀´>「そうですニダ」

(  _ゝ )「ブツブツブツブツ」

90 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:18:27.25 ID:tlEIGmwsO
(´<_`;)「えっと実はお手紙がありまして」

<ヽ;`∀´>「はぁ」

(  _ゝ )「ブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツ」

(´<_`;)「それで今回持ってきたんですが」

(  _ゝ )「ブツブツブツブツブツブツブツブツ」

(´<_`#)

91 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:20:16.43 ID:xY0PnoEE0
(´<_`#)「いつまでやってるんだよ!」
     
     _(#´_ゝ`)←右向きの弟者
    /      )     ドゴォォォ _  /
   / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _グハアアア!!
  / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_  ←そして兄者
  | |  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ \
  | |   `iー__=―_ ;, / / /
  (!、)   =_二__ ̄_=;, / / ,'
      /  /       /  /|  |
     /  /       !、_/ /   〉
    / _/             |_/
    ヽ、_ヽ


(; _ゝ )∵ゞ「ガハアアアアッッ!!!」



94 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:23:27.59 ID:tlEIGmwsO

;(; _ゝ );「で、でた…魂的な何かがふわっと……」

(´<_`#)「……」

<ヽ;`∀´>「……」

(´<_`;)「いやなんか本当にすみません…」

<ヽ;`∀´>「大変ニダね…」

(´<_`;)「はい…」


95 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:26:51.53 ID:tlEIGmwsO
手紙はビロードからの物でした。
内容はちょっとした近況報告といった感じです。

<ヽ-∀->「お医者さんになったニダか」

(´<_` )「凄く頑張ってるらしいぞ」

(´<_` )「なんだか俺達にまで手紙でどうしても届けてくれって頼まれてな」

(##_ゝ#)「それで特別に来たんだぜ」

(´<_` )「生まれつきだが酷い顔だな」

( ´_ゝ`)「同じ顔のくせに…」

96 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:30:28.27 ID:tlEIGmwsO
<ヽ`∀´>「ありがとうニダ…」

(´<_` )「……」

(´<_` )「ところでどうしてこんなとこで暮らしてるんだ?」

<ヽ`∀´>「……」

(´<_` )「別に人嫌いってわけでもなさそうだし…」

<ヽ`∀´>「それは…」

(´<_` )「差し支えなければ教えてくれないか?」

<ヽ;`∀´>「……」

97 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:31:36.83 ID:tlEIGmwsO
<ヽ;`∀´>「……」

<ヽ-∀->フゥ

<ヽ-∀->「……」

<ヽ-∀->「ウリの両親は貧乏だったニダ」

(´<_` )「……」

98 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:33:57.76 ID:tlEIGmwsO
しょうがなかったニダね

生活が辛かったに決まってるニダ

きっとギリギリまでウリを育ててたニダ

でも…

「ごめんね。ごめんね」

「こうすれば寒くないから。」

「やり方を覚えなさい。これからは一人だから…」

99 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:37:15.68 ID:tlEIGmwsO
<ヽ-∀->「そうして」

<ヽ;∀´>「こうやって…」

<ヽ;∀;>「こうやって焚火を教えてくれたニダ」

<ヽ;∀;>「これだけニダ」

<ヽ;∀;>「これだけがウリの覚えていることニダ…」

(´<_` )「……」


100 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:38:24.32 ID:tlEIGmwsO
(´<_` )「……」

(´<_` )「でもさ」

( ´_ゝ`)「このままってのはよくないんじゃないか?」

<ヽ-∀->「……」

(´<_` )「……兄者」

( ´_ゝ`)「俺だって少しは空気よめるぜ」

101 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:39:42.61 ID:tlEIGmwsO
( ´_ゝ`)「あんた道に迷った人に色々世話やいてるだろ」

<ヽ-∀->「……」

( ´_ゝ`)「その手紙の子とか、他には馬車乗りとかもあんたに世話になったって聞いた」

( ´_ゝ`)「他にも道に迷った人たちは皆あんたに感謝してた」

( ´_ゝ`)「あんたは覚えてないかもしれないけど俺達も小さい時、道に迷って助けてもらったよ」

( ´_ゝ`)「町に来ないか?」

<ヽ-∀->「ここを離れたくはないニダ」

103 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:42:58.04 ID:tlEIGmwsO
<ヽ-∀->「それにそれはウリがここにいるからニダね」

( ´_ゝ`)「そうだな」

<ヽ-∀->「じゃあ尚更いいニダ。皆助かるニダ」

( ´_ゝ`)「違うよニダーさん」

(´<_` )「皆確かに助かってる」

( ´_ゝ`)「でもあんたに少しでも皆恩返しをしたいんだよ。」

104 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:44:10.25 ID:tlEIGmwsO
<ヽ-∀->「別にたいした事じゃないニダ」

<ヽ-∀->「ウリの好きニダ」

( ´_ゝ`)「実はな…」

( ´_ゝ`)「ビロードって奴の手紙がもう一通あってな」

(´<_` )「今度、ちょっと離れた町に診療所を作るそうだ」

( ´_ゝ`)「本当に立派な医者になったらしいな」

105 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:45:52.97 ID:tlEIGmwsO
( ´_ゝ`)「俺達の小さな町からそんな凄い奴が出たもんだから」

(´<_` )「誰かがお祝いに行く事になったんだ」

( ´_ゝ`)「ちょっと遊びにいってやれよ」

( ´_ゝ`)「一番仲良かったらしいじゃないか」

<ヽ-∀->「……」


106 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:47:54.29 ID:tlEIGmwsO


……


そのよん おわり



107 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:49:20.60 ID:tlEIGmwsO





そのご






110 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:52:03.40 ID:tlEIGmwsO
(;><)「あわわ…」

(;><)「今日が初診療日です」

;(;><);「キンチョーします」

「ブヒヒーン!」

(;><)そ

「ちょっと運転荒すぎニダ!」

「おっかしいなぁ」

(;><)「お、お客さん?」

ノックノック

111 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:53:06.70 ID:tlEIGmwsO
(;><)「は、はーい」

ガチャ

<ヽ;`∀´>「……」

( ><)「!」

( ><)「ニダーさん!」

112 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:54:36.42 ID:tlEIGmwsO
ニダーの格好は珍妙といえる物でした。

不自然な郵便屋の帽子にアロハシャツ、洒落たステッキといった格好です。

町の人達が全部用意してくれたのでした。


113 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:56:46.43 ID:tlEIGmwsO
<ヽ;`∀´>「……」

( ><)「お久しぶりなんです!」

<ヽ;`∀´>「…まぁなんと言うか…」


「おめでとうニダ」

115 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 00:58:27.88 ID:tlEIGmwsO




それから





116 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 01:00:11.58 ID:tlEIGmwsO
焚火をする男は…

<ヽ`∀´>パチパチ

<ヽ`∀´>パチパチ

やっぱり今でも焚火をしています。

ただ…

<ヽ`∀´>「うん。」

<ヽ`∀´>「町に行くニダ」


ちょっとだけ生活が変わったようです。



117 名前: ◆fG1I1UcIeI 投稿日:2009/11/08(日) 01:01:05.53 ID:tlEIGmwsO





<ヽ`∀´>は焚火をするようです


おわり
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。